医療産業と健康産業、両サイドからの「挑戦」で健康寿命の延伸に貢献します。

21世紀は「生命の世紀」。ライフサイエンス技術の発展により、日本の健康・医療分野への期待は高まり、今後ますます大きな産業へと成長する可能性を秘めています。
その一方で、少子高齢化が進む日本社会は医療費や社会保障費、生活習慣病の蔓延、介護負担の増大など多くの課題を抱え、人々の平穏を脅かす不安の一因となっているのも事実です。

これらの問題をどう乗り越えるか。厚生労働省は2013年4月に国民健康づくり運動「健康日本21」を発表。
これは、国民1人ひとりが自ら健康や医療の情報と積極的に関わり、日頃から病気にならない身体づくりを行い、自身の健康上の問題をより早く検知しこれに対応することで、健康寿命を延伸させようとする施策です。
いくつになっても自立して生活し、日々の暮らしを心身ともに健やかな状態で楽しめるように、病気は未然に防ぐ時代。そして、健康は1人ひとりがプロのサポートを受けながら自分で管理し、整えていく時代です。

こうした背景を踏まえ、私たちトゥエンティワン株式会社(ホールディングス)は医療産業と健康産業、そして両者にまつわる予防医療を総合的に捉え、傘下グループ各社を通し、様々な事業を展開してまいります。
呼吸と循環にフォーカスした最先端治療のサポートやQOLを重視した医療機器の提供は、病気に悩み苦しむ人々の負担を少しでも軽減するための「挑戦」。
一方、人々の健康維持に欠かせない運動、食事、睡眠をサポートするヘルスケア事業は、誰もが健康で自立した暮らしを維持し、かけがえのない人生をより充実したものにするための「挑戦」です。

すべての発展は挑戦の歴史。
日本の医療や健康産業もまた未知の領域に挑み続けてきた先人たちの尽力の上に、
現在の発展があります。

「挑み続ける」── この揺るぎない姿勢こそ人々の健康を守り、充実した人生を支え続けるための支柱。

私たちトゥエンティワン株式会社(ホールディングス)は、「挑む」という意志のもと、日本の健康寿命をより長くするために医療・健康産業に貢献してまいります。